諷喩:同じテーマの「隠喩」をカタチを変えくりかえす
TOPページ諷喩
関連レトリック諷喩

諷喩 ふうゆ allegory


『ヒカルの碁』2巻77〜78ページ (ほったゆみ・小畑健・梅澤由香里/集英社 ジャンプ・コミックス)
  • ヒカル「だって ねェほら
  • 碁盤には九つの星があるだろ?
  • ここ宇宙なんだ
  • そこにさ石をひとつひとつ置いていくんだ
  • 星をひとつひとつ増やすように
  • どんどん宇宙を創っていくんだ
  • まるで神様みたいだろ
  • オレは神様になるんだよ
  • この碁盤の上で
-『ヒカルの碁』2巻77〜78ページ (ほったゆみ・小畑健・梅澤由香里/集英社 ジャンプ・コミックス)
  • 定義重要度5
  • 諷喩は、同じテーマにかんする「隠喩」をカタチを変えながら何度もくりかえす、というレトリックです。


  • 効果

  • 効果1具体的に表現ができる

  • 広い意味での「接辞添加法」これには、「接頭語」「接尾語」といった「接辞」をつけるもの全てを指す用語です。ですがこのアタマの中に浮かぶ、「概念」とか「観念」とか。そういったものでは、どうしても「抽象的」な表現になりがちです。そこで、ものごとを「具体的」なものに当てはめる。そうすることで、もっとシッカリと伝えることができるようになります。そのための手段が、この「諷喩」です。具体的には、「 隠喩」」が連続して大がかりになることによって、「諷喩」をつくることができます。逆に言えば、「諷喩」は「 隠喩」」を何回もくり返しているもの、何回も積み重ねているものだということになります。
  • キーワード:具体的な、具体化


  • 効果2「諷喩」それ自体で、小さなひとつのストーリーとなる

  • 「諷喩」「 隠喩」」が連続して大がかりになることによってできる文です。なので、「諷喩」は「 隠喩」」を何回もくり返しているもの、何回も積み重ねているものだということになります。で、その結果。「諷喩」は、使われているシーンでは。小さなひとつのストーリーを作り上げているということになります
  • キーワード:ことわざ、格言、警句


  • 効果3最大まで大きくなった「諷喩」

  • さらにいうと、できる限り大きな「諷喩」をつくると。それが、1つの完結した物語となります。いいかえれば、「諷喩」によって、1つのストーリーができあがる、ということになります。「 寓言」とか「たとえ話」といったものが、これに当たります。
  • キーワード:教訓話、寓話、たとえ話、寓言


  • 効果4「諷刺」のための「諷喩」

  • 「諷喩」は、ときに「諷刺」として使われることもあります。たとえば『ガリヴァー旅行記』は、「諷刺」のために書かれたものです。「たとえ話」や「 寓言」には、とくに「諷刺」の色が強くでるものがあります。
  • キーワード:諷刺、当てつける、当てこする、皮肉る、アイロニー、諷する

  • 使い方
  • 使い方1同じテーマにかんする隠喩を連続させる

  • たとえば。「人生は旅だ」といえば、隠喩です。ですが、この隠喩をさらに広げて。たとえば「旅をしていれば、山もあるし谷もある」だとか。「つまずくこともある」だとか。その「人生は旅だ」というテーマから、いろいろな隠喩を導きだして、くりかえすことによって、「諷喩」になります。
  • キーワード:持続された隠喩、連続された隠喩、隠喩のくり返し、アレゴリー

  • 使い方2具体的なことと抽象的なことを、並行させて表現する

  • 1つは、テーマとなっていることを「具体的に」「より分かりやすく」したもの。もう1つは、もとからあった「抽象的な」「観念的な」もの。この「具体的なこと」と「抽象的なこと」という2つを、ならんで表現することによって、「諷喩」となります。
  • キーワード:(話の筋が)並行する、ならぶ、ならべる、並列する

  • 注意

  • 注意1俗っぽい言いかたになりがち

  • 自分は、こんな表現方法をしなくても理解できる。だけれども、ワザワザだれにも分かりやすい表現にしている。そんな見下した言いかたになってしまうことがあります。
  • キーワード:卑近な、俗っぽい、通俗的な、世俗的な

  • 例文を見る)
  • 例文は、『ヒカルの碁』2巻から。

    まず、申しわけないのですが。この「諷喩」にあたる部分を、ぜんぶ画像にすると、バカでかい画像になってしまいます。そういった大きさの関係で、「諷喩」になっているところの「最初の部分」と「最後の部分」だけを画像として引用しました。「諷喩」を作っている文章の全体は、右に文字として書いておきました。

    で。
    これが単に、「碁盤は宇宙なんだ」というだけであれば、「 隠喩」」にあたります。

    しかし、「星」→「宇宙」→「神様」というように連続して「 隠喩」」が重なります。そして、そのことによって、この場面だけで一つの世界を形作っています。
    ですので、これを「諷喩」ということができます。

    なお。「具体的なこと」と「抽象的なこと」とが並行している、という理論を当てはめてみると。次のようになります。

    「具体的」な側面。つまり「現実の世界」は、囲碁で対局をしているヒカルがいる。
    反対に、「抽象的」な側面、つまり「諷喩の世界」は、神のように星をならべているヒカルがいる。

    このように、この2つを合わせて考えれば。「具体的なこと」と「抽象的なこと」とが並行している表現だ、と考えることができます。


  • レトリックを深く知る

  • 深く知る1「諷喩」の受け持つ領域
  • さいしょにも、同じことを書いたのですが。

    この「諷喩」を大きな目でみるばあい。「諷喩」には、「 寓言」や「寓話」についても含めることがあります。

    そして。
    このような意味で、「諷喩」ということばを使うときには。「諷喩」が受け持つことになる領域は、とても広くなります。

    たとえば。
    「寓話」とか「たとえ話」とか、よばれるものが。すべて「諷喩」の仲間だということになります。



  • 深く知る2「諷喩」とか「隠喩」とかを、細かく分けてみると
  • 反対に。

    この「諷喩」とか「隠喩」とかいった、グループ。これを細かく分類してみると、その「たとえ」の大きさ(規模)によって、4つに分けることができます。

    つまり。
    「たとえ」の部分が、大きくなるにつれて。「 隠喩」」→「諷喩」→「 寓言」→「寓話」と、名前が進化していくといえます。

    ですが、すぐ上に書いたように。
    「諷喩」のなかに、「 寓言」や「寓話」を含めて説明することもあります。また、「 寓言」と「寓話」とを1つにまとめるということもあります。

    なので。
    これは、あくまで「細かく分類したばあい」というはなしです。

  • レトリックの呼び方
  • 呼び方5
  • 諷喩
  • 呼び方4
  • アレゴリー
  • 呼び方2
  • 風諭・諷諭・風喩

  • 参考資料
  • ●『日本語解釈活用事典』(渡辺富美雄・村石昭三・加部佐助[共編著]/ぎょうせい)
  • 「諷喩」について、説明してある本のうち。一般的なことがまとまっている本としては、これをオススメします。ただしこの本は、「事典」というにふさわしいものです。600ページ以上ある、巨大で分厚いものなのです。そこは、覚悟してください。もちろん、600ページ全部にわたって「諷喩」の説明が書いてあるわけではないけど。

  • ●『レトリック辞典』(野内良三/国書刊行会)
  • 「諷喩」については、レトリック学者どうしでの目立った議論はないようです。ですので、この『レトリック辞典』に書いてあることで、とりあえずは十分のようです。

  • ●『レトリック認識(講談社学術文庫 1043)』(佐藤信夫/講談社)
  • この「諷喩」について書いてある本は、たくさんある。たくさんありすぎて、どの本がオススメなのかを書くのはカンタンではありません。そういったわけで。この本を書いておけば、とりあえず安全だろう。…と考えて、『レトリック認識』をあげておきます。

  • ●『書物—世界の隠喩(叢書 文化の現在10)』(大江健三郎・中村雄二郎・山口昌男[編集代表]/岩波書店)
  • 佐藤信夫先生の書いたもので。もうひとつ、かなりの量を「諷喩」にたいして使っているものとして。この本をあげておきます。具体的には、[隠喩と諷喩と書物(佐藤信夫)]の章です。予想以上に、あれこれと話が及んでいます。

  • ●『アレゴリー・シンボル・メタファー([叢書]ヒストリー・オヴ・アイディアズ)』(A・フレッチャー、H・F・ノース、R・ウェレック、S・C・ペッパー、F・フェレ[以上共著]、高山宏・稲垣良典・河村錠一郎・永山将史・富山英俊[以上共訳]/平凡社)
  • 残念ながら。この本は難しすぎて、うまく読みこなすことができません。ただ、『アレゴリー・シンボル・メタファー』というタイトルどおり、「アレゴリー(諷喩)」にスポットを当てているのは、たしかです。


  • 余談

  • 余談1「諷喩」の定義がつくられたころ、日本では。
  • 「諷喩」というレトリック。

    これは、クインティリアヌスという人が定義です。具体的には「諷喩とは持続された隠喩である」という定義。これを編みだしたのが、クインティリアヌスなる人間です。

    そして。「諷喩」の定義としては、現在でもほぼそのまま通用するというレトリックです。

    定義のほうはしっかりしたもので、異論の余地がありません。ないのですが、問題はこのクインティリアヌスという人。この人は紀元1世紀の人なんです。日本でいえば「漢委奴国王」の金印をもらった時代。つまり、卑弥呼よりも昔の人なんです。

    そんな昔の理論が現代まで、引き継がれている。そのところに、「レトリック」という学問の強さを感じます。



  • 余談2以下は、どうでもいいこと。
  • 『レトリックの記号論(講談社学術文庫 1098)』(佐藤信夫/講談社)を読んでいたら、こんな文に出くわしました。
    …将棋のルールというものに決してずれが起きないのは守備範囲が限定されているからです。将棋のコードは将棋盤上のことだけをとりしきればよろしい。将棋のコードで神の存在を論じようとか、将棋のルールをもって恋文を書こうなどということは誰も思いつかない。(33ページ)

    ああ。すいません、佐藤信夫先生。(将棋ではなく囲碁だけど)碁盤の上で神を論じている場面を堂々と引用してしまいました。もちろん、しっかりと読めば「将棋で」と書いてあるわけではなく「将棋のコードで」と書いてある。だから、佐藤信夫先生の言っていることと、このページの「ヒカル」の言葉とは違う次元のことだということで決着がつきます。

    ですが、私が笑ってしまったので、ちょっと書いてみました。
  • 関連するページ
  • 隠喩:「諷喩」を組み立てる土台となるたとえ。とりあえず「○○みたい」のようなことばが使われないもの。
  • 寓言:「諷喩」を広げて大がかりにしたもの
  • 成句・イディオム:「諷喩」を決まり切った言い回しに用いるようにしたもの
  • 警句:説得や教訓のような目的で「諷喩」を使うもの
  • そのた
  • ●「隠喩」以外の基本的なレトリック直喩提喩換喩
  • ランダムにページ選択:おすとらんだむ