TOPページ 隔語句反復
関連レトリック 隔語句反復

隔語句反復 かくごくはんぷく epanalepsis


『遊撃宇宙戦艦ナデシコ』1巻115ページ(麻宮騎亜/角川書店 角川コミックス・エース)
  • アキト「オレ……コックだから……
  • 戦いは……」
  • ウリバタケ「てめーはまだ
  • そんなこと言ってんのか!!
  • だろ!! だったら
  • 戦って戦って戦い ぬいて
  • 1つでも多くの敵をやっつけて
  • 死ぬべきじゃないのか!?
  • 負けるとわかっていても
  • 戦わなければ いけない
  • 時があると言って
  • 笑って 戦い に出ていくのが
  • じゃないのか!?
  • はつらいんだ!!
  • それはわかる!!
  • でもがんばれ 男の子 !!
  • うちてしやまん!!
  • 負けません!勝つまでは!!」
  • アキト「……んなこと言ったって……」
-『遊撃宇宙戦艦ナデシコ』1巻115ページ(麻宮騎亜/角川書店 角川コミックス・エース)
  • 定義重要度2
  • 隔語句反復 は、あいだを置いて同じことばをくり返すレトリックです。つまり、共通のフレーズだとか単語が、ちりばめるように何度も反復してあらわれるというものです。

  • 効果
  • 効果1 何度も使われる語に、こだわりを強調する効果を生む
  • 「隔語句反復」を使うことによる効果は、おもに「強調」です。ですがこの「隔語句反復」は、散りばめるようにくり返されるものです。このことから、コダワリが強いことや執着心があることを示すことがあります。「強調」という効果については、「隔語句反復」を含めた「反復」のグループに属しているすべてのレトリックにあてはまるものです。
  • キーワード:強調、強い、強まる、強める、強化、増強

  • 使い方
  • 使い方1 1語以上離れた場所に、同じ語をくりかえす
  • 1語も話さないで続けると、「 畳語 」になってしまいます。あいだを間をあけて同じ語句をくり返せば「隔語句語法」となります。

  • 例文を見る)
  • 例文は『遊撃宇宙戦艦ナデシコ』1巻。

    主人公は、アキト。コック志望。

    コック志望なのに、なぜかアキトは戦闘中の戦艦に乗り込んでしまった。彼に対して整備班長のウリバタケが、パイロットとしてロボット(エステバリス)に乗るように説得しているのが、上の場面。

    とにかく、「男」というのと「戦い」というのが、5回ずつ登場しています。ウリバタケの言葉自体には(ふき出しの大きさの割に)あんまり中身のないものですが、まあとにかく何度もくり返しています。ようするに「男なら戦え」と言いたいようです。

    ついでに「言う」というのも2回くり返しています(これは偶然かも知れないけど)。

    ちなみに、アニメ版の『ナデシコ』で名ゼリフとなったものに、ホシノ・ルリの「バカバッカ。」というのが。これは、繰り返しという点では同じ「 反復 」の一種ですが、こちらは「 類音反復・ジングル 」にあたります。

  • 例文を見るその2)
  • 『夏のあらし!』1巻51ページ(小林尽/スクウェア・エニックス ガンガンウイングコミックス)
    • あらし「一言で言うなら
    • おカネ にきたない人かな」
    • はじめ(一)「 ダメじゃんなにソレ」
    • あらし「コーヒー豆の交換のときも……」
    • --あらしの回想--
    • あらし「あれ?マスター いつもの
    • お豆じゃないと 良い香りが…」
    • マスター「いーのよ!! これからは
    • 安いほーを使う!
    • どーせ バレやしないわ!」
    • 「いーかいよくお聞き!
    • 世の中 カネ !! 全ての仕事は
    • おカネ に通ず!!
    • 慈善事業にすら
    • おカネ がからむよヨ!!」
    • --回想おわり--
    • はじめ(一)「………………ひでえ」


    「隔語句反復」というレトリックでは、あることばが何度もくり返されることになるのですが。そのことばは、「まったく同じもの」である必要はありません。

    もちろん、間をおいて「まったく同じ」ことばを反復するものは「隔語句反復」です。また、似たような意味だけれども「まったく違う」ことばのくり返しは、「隔語句反復」には当てはまりません。

    ですが。
    間をおいて「ほとんど同じカタチの」ことばを使うばあい。このようなものも、ふつうは「隔語句反復」にふくめて考えます。

    右の引用は、『夏のあらし!』1巻。

    主人公は、はじめ(一)。13歳。
    とある片田舎の喫茶店で、はじめ(一)は女のコと出会う。彼女の名前は、あらし。

    あらしは、喫茶店で働いていた。そして、その喫茶店のオーナーをやっている女性についての話になった。それが、引用した部分になります。

    マスターの女主人は、よっぽど「おカネ」に目がないらしい。そのようすを回想しているところが、「隔語句反復」になっています。

    で、見てのとおり。
    ここでは、「カネ」と「おカネ」という2とおりの言いかたがあります。ですが、「お」ということばが付いているかいないかという違いしかありません。ですので、こういった程度しかないような場合には「隔語句反復」と考えることになります。

    というか、もう少し考えていくと。
    ここでのマスターの発言。このような話の流れでは、むしろ、全く同じ単語にそろえないほうが正解だと思います。

    というのは、まず第1として。
    「すべての仕事は おカネに通ず」

    というところ。これが、
    「すべての道は ローマに通ず」

    という「ことわざ」のパロディになっている。

    そして第2に、
    この「すべての道は ローマに通ず」という文が、
    7音+7音

    でそろっている。そういった2つのことを考えると、このように「カネ」・「おカネ」という2とおりの言いかたをしているほうが、メリットが大きいと言うことができます。

    それは、反対の見かたをすると。

    • そろっている音の数は変えてしまうと、パロディであるという感じが弱まってしまう。
    • 「おカネ」を「カネ」に言いかえてしまうと、6音になってしまうとでピッタリしない。
      (それに日本語では、7音のフレーズのほうが好まれる。)

    ということになります。


  • レトリックを深く知る
  • 深く知る1 「隔語句反復」と「畳語法」との関係
  • 畳語 」では、同じことばが連続してならべられます。けれども「隔語句反復」では、同じことばが間をおいて登場することになります。

  • レトリックの呼び方
  • 呼び方5
  • 隔語句反復
  • 呼び方1
  • 間投反復・隔語反復

  • 参考資料
  • ● 『現代言語学辞典』(田中春美[編集主幹]/成美堂)
  • マイナーなレトリック用語なので、「隔語句反復」についてくわしく書いてある本は見あたりませんでした。どの本にあたっても、ほとんど解説がない。しかたないので、辞典ではあるけれどもこの本をあげておきます。