明示引用:出典や作者などが明記してある方法で引用すること
TOPページ明示引用
関連レトリック明示引用

明示引用 めいじいんよう (allusion)


『星色の翼』25〜26ページ(折原みと/実業之日本社 MBコミックス)
  • 瑞希「かなわなくなんか …ないよ
  • 僕は かならず 現実にしてみせるから」
  • 瞳 (え…?)
  • 瑞希「そりゃあ 今はまだ
  • 身体的な選考基準も厳しいけど
  • 航行技術の進歩で
  • どんどん普通の人でも
  • 宇宙へいけるようになるよ
  • 『今日の不可能は明日可能になる』
  • 今から100年以上も前に
  • ロケット工学の理論を完成させた
  • ロシアの“ツィオルコフスキー”
  • って科学者の言葉だよ
-『星色の翼』25〜26ページ(折原みと/実業之日本社 MBコミックス)
  • 定義重要度2
  • 明示引用は、引用をするとき、出典や作者などが明記してある方法をとるレトリックです。つまり「誰の書いた、どの部分からの引用なのか」が、書かれている「引用」です。

  • 効果

  • 効果1自分以外のひとの意見をとりいれることで、強い説得力が出る
  • 自分が主張したいと思っていることに、「明示引用」を使う。その「明示引用」を用いるときには、その出典やもともとの作者を明らかにすることになる。そのため、こういったことを明示することによって、説得力を増すチカラがあります。
  • キーワード:説得、説く、権威、重み、威厳、威信、威光、重々しい、どっしり


  • 効果2自分が持っている意見を、補強することができる
  • 「明示引用」によって、他人の意見を受け入れる。このことによって、自分のもっている意見をより強く訴えかけることができます。
  • キーワード:補強、強化、強める、強まる、増加、増強、盛り上げる、盛り上がる、強まる、強める


  • 効果3ほかの意見を引用することによって、客観性が出る
  • 自分だけの意見を示すと、独りよがりのものなのではないかと思われることもあります。そういった疑いをぬぐい取るために、ほかの意見であるものを引用する。そのことによって、より客観性を出すことができます。
  • キーワード:客観、妥当、絶好、好適、適当、適正

  • 使い方
  • 使い方1引用であることを、ハッキリしめす
  • 引用であることを、ハッキリしめす。これが「明示引用」の特徴です。「暗示引用」とは、この点が異なります。
  • キーワード:ハッキリ、くっきり、ありあり、鮮やか、鮮明

  • 使い方2「ことわざ」や「格言」などを使う
  • 「格言」などの「 成句・イディオム」。こういったものの中には、もともと誰が使ったか(または、どんな本で書かれたか)が、分かるものもあります。ですので、「明示引用」として使うこともできます。

  • 例文を見る)
  • 例文は『星色の翼』から。
    主人公は和倉瞳という女の子。

    彼女は偶然、同級生だった川本瑞希という男の子と出会い、親しくなる。瑞希は「科学者になって宇宙ステーションで働くのが夢だ」と言う(14ページ)。

    しかし、その夢の実現のためには、大きな壁があった。
    瑞希は、「心臓の病気」にかかっていたのだ。

    瑞希は言う。「心臓の弁がちゃんと開かない病気なんだ」「もうすぐ人工弁をとりつける手術をするんだよ」と。

    だが、心臓の病気のことを聞いた瞳は、
    • 「でも…宇宙飛行士の選考って
    • すごく厳しいんでしょ?
    • 身体に少しでも欠陥があったら、
    • 落とされるに決まってる バカみたいっ…!
    • あんな かないっこない夢
    • 夢中になって話して!」
    • (24〜25ページ)
    と反論する。
    その言葉に対しての瑞希の想いが、引用したシーンです。
    『今日の不可能は明日可能になる』
    ということを書いただけでは、「 暗示引用」ということになります。

    けれども、その続きを読んでいくと、
    ロシアの“ツィオルコフスキー”
  • って科学者の言葉だよ
ということが書いてあります。つまり、誰の言葉を引用したのかが明らかになっています。ですので、これは「明示引用」ということになります。

なおツィオルコフスキーという人は、「ロケット」に関する研究をした科学者です。だから、「宇宙ステーションで働くのが夢」だという瑞希が引用して使ったのだと思います。